発   生   工   学   研   究   室

NATIONAL INSTITUTE OF GENETICS
Mammalian Development Laboratory

TOP   ACCESS   SITE MAP   ENGLISH

HOT NEWS

最新情報一覧

総研大の学生、呉泉君の論文がDevelopmentに掲載されました。
2013-01-01
呉君は中国からの留学生で、まだラボに入って2年半です。チャイニーズパワー恐るべしで、非常に勢力的に実験を積み重ね、日々新たな発見を目指して今も、邁進しています。今回彼は、雄性生殖細胞特異的遺伝子Nanos2を誘導するシグナルがNodalであることを明らかにしました。論文のタイトルは

「Nodal/activin signaling promotes male germ cell fate and suppresses female programming in somatic cells.」

Wu Q, Kanata K, Saba R, Deng CX, Hamada H, Saga Y.

Development. 2013 Jan;140(2):291-300. doi: 10.1242/dev.087882. Epub 2012 Dec

内容の詳細は遺伝研のホームページに掲載されています。
リンクは、
http://www.nig.ac.jp/Research-Highlights/1170/1176.html



Copyright(C) Division of Mammalian Development National Institute of Genetics All Rights Reserved.