スタッフ
相賀 裕美子 さがゆみこ
《 教授 》
Profile...
筑波大大学院終了後、米国留学、帰国後、理研筑波センターにてESを用いたいわゆるgene-targetingを武器にした研究を開始。これまで作成したマウス数知れず。今はなき万有製薬筑波研究所でお世話になり国立医薬品衛衛生研究所で現在の研究の基盤をつくる。2000年10月より遺伝研に移り、2010年現在、10年目になることを記念して、ホームページをrenewalするとともに私のコメントも変更。10年たつと、学生も何人か博士号を取得して旅立っていき、研究内容も、より多様性に。興味だけでいろいろ手を出すと、頭の切り替えが大変で、脳が拒否反応を示すようになったので、その点は反省して、少し集中しようと努力中。最近は、いろいろと研究以外のいわゆる雑用が増えて(重要なことも多いのですが、研究と直結しないことからこう呼んでいます)、パソコンの前にいる時間が著しく増えて、肩こりがひどくなりそれが悩みの種。学生・ポスドクの成長を日々夢見ています(プレッシャーですかね?)
趣 味
昔は研究同様、いろいろと手を出したが最近は、テニスと韓流ドラマ。テニスは私のストレス解消と体力維持のために最も重要。これができなくなったら引退の時期かと。遺伝研にテニスコートがあって本当によかった。韓国語にも挑戦しようとしたが、記憶力がはげしく低下した現在、無理・・・(涙)